医療機器販売、医療機器修理

株式会社メディカルシステムサービスロゴマーク

医療機器修理行許可番号 43BS200053

光トポグラフィ装置とは、

光トポグラフィ装置とは、脳の活動を調べることが出来る装置になります。
光トポグラフィ装置から出る光は目視できる赤色光より波長が長く、かつ遠赤外光よりも波長が短く近赤外光という光になります。
この近赤外光を生体にあてたならば、生体自体は、近赤外光を強く散乱してしまいます。
よって、頭に入ってきた近赤外光は、脳表面をってから、頭部表面に戻ります。
故に、戻ってきた光強度は、脳表面の状態により変わってきます。
又、脳は進化の過程により、脳の中心部に行くことで、生存に必要な機能をもっています。
脳の外まわりに行くことで運動、言語等の人間が人として必要な機能があるということです。
近赤外光は人体組織は通り抜けますがヘモグロビンには吸収されるという特性があり、
ヒトを計測するには非常に都合の良い波長帯の光です。脳神経は活動すると酸素とグルコースが必要なため、
脳活動が活発な部位はヘモグロビンが増加し、近赤外光の透過度は減衰します。
光トポグラフィ技術はこの光の変化量を測定することにより脳の活動を見ることが出来うる機器になります。
これらの事により、上記に述べた、生体に害のない光をあてることで、
脳の活動状態を数値で計測化、グラフ化で脳の症状や状態を客観的に判断する資料になります。
うつ病の症状や状態を簡単に診断できるというは、この点にあります。

光トポグラフィを用いたうつ症状の識別診断補助


光トポグラフィ検査 先進医療「うつ症状の識別診断補助」
光トポグラフィ装置
先進医療
光トポグラフィ装置 測定アプリケーション
精神疾患と光トポグラフィ装置
MEDIX53
精神疾患の臨床検査としての光トポグラフィ検査(NIRS)
先進医療「うつ症状の識別診断補助」
先進医療の施設基準
先進医療実施施設一覧
お問い合わせ先http://www.hitachi-medical.co.jp/inquiry/index.html
googleのロゴマーク
WWW を検索 MI-MSS.COM を検索
     
株式会社メディカルシステムサービス
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45
46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76
     

光トポグラフィ装置 ETG-4000P


光トポグラフィ装置 HITACHI
Optical Topography System
光ポトグラフィ装置
ETG-4000P
光トポグラフィ装置 ユーザビリティを追求した計測技術
課題呈示システ・レポート表示システム
高性能な光計測技術
短波長(695nm/830nm)によるヘモグロビン計測の高S/N化
光トポグラフィ装置 ETG-4000P システム構成
標準構成
外形寸法 560(W)×933(D)×1470(H)mm 重量30kg
製品仕様
光トポグラフィ装置 Optical Topography System
ETG-4000P 定価40.235.000- (構成により)
医療承認番号21500BZZ00492000
株式会社 日立メディコ

光ポトグラフィ装置 ダウンロード


光トポグラフィ装置 測定アプリケーション -------(PDF)
機能の説明 課題自動呈示機能 --------------(PDF)
論文-先進医療「うつ症状の識別診断補助」------(PDF)
精神疾患と光ポトグラフィ検査-----------------(PDF)
精神化領域の研究論文紹介------------------(PDF)
先進医療の施設基準------------------------(PDF)
先進医療実施施設一覧----------------------(PDF)
Google+ facebook twitter

保守管理

薬事法施行規則 
(昭和36年2月1日 厚生省令第1号)

第百十四条 (中略)

2 医薬品等の製造業(薬局製造販売医薬品の製造業を除く。又は医療機器の修理業については、第三条及び第十八条の規定を準用する。この場合において、第十八条中「届書」とあるのは、「届書(地方厚生局長に提出する場合にあつては正本一通及び副本二通、都道府県知事に提出する場合にあつては正本一通)」と読み替えるものとする。(後略) 
(許可証の掲示)
第三条 修理業者は、医療機器の修理業の許可証を事業所の見やすい場所に掲示しておかなければならない。 
(休廃止等の届書の様式)
第十八条 医療機器の修理を廃止し、休止し、又は休止した事業所を再開した場合における法第十条の規定による届出は、様式第八による届書を提出することによって行うものとする。 

第百十四条 (中略)
2 医薬品等の製造業(薬局製造販売医薬品の製造業を除く。又は医療機器の修理業については、第三条及び第十八条の規定を準用する。この場合において、第十八条中「届書」とあるのは、「届書(地方厚生局長に提出する場合にあつては正本一通及び副本二通、都道府県知事に提出する場合にあつては正本一通)」と読み替えるものとする。(後略) 
(許可証の掲示)

第三条 修理業者は、医療機器の修理業の許可証を事業所の見やすい場所に掲示しておかなければならない。 
(休廃止等の届書の様式)

第十八条 <療機器の修理業を廃止し、休止し、又は休止した事業所を再開した場合における法第十条の規定による届出は、様式第八による届書を提出することによって行うものとする。 

医療機器の修理を行うためには、許可が必要です。